2009年08月11日

地震がまたありましたね

日本は地震が多いですよね。

この規模の地震がおきると、ほかの多くの国では建物が多く倒壊してしまったりするんでしょうね。

さすがに対策しているかいないかの違いが出ますね。

震度についての設定はこうなっているようです。

震度 0

 人は震度を感じない。

震度 1

 屋内で静かにしている人は、揺れをわずかに感じる人がいる。

震度 2

 屋内で静かにしている人の大半が、揺れを感じる。

震度 3

 屋内にいるほとんどの人が揺れを感じる。

震度 4

 電灯などのつり下げ物は大きく揺れる。

震度 5弱

 大半の人が、恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる。
 固定していない家具が移動することがあり、不安定なものは倒れることがある

震度 5強

 物につかまらないと歩くことが難しい。
 補強していないブロック塀が崩れることがある。

震度 6弱

 立っていることが困難。
 固定していない家具の大半が移動し、倒れるものもある。
 ドアが開かなくなることがある。
 タイルや窓ガラスが破損、落下することがある。
 耐震性の低い木造建物は瓦が落下したり、建物が傾いたりすることがある。倒れるものもある。

震度 6強

 はわないと動くことができない。飛ばされることもある。
 固定していない家具のほとんどが移動し、倒れるものが多くなる。
 大きな地割れが生じたり、大規模な地滑りや山体の崩壊が発生することがある。

震度 7

 耐震性の低い木造建物は、傾くものや、倒れるものがさらに多くなる。
 耐震性の高い木造建物でも、まれに傾くことがある。
 耐震性の低い鉄筋コンクリート造の建物では、倒れるものが多くなる。

posted by アロアロホン at 06:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。